イメージ 1

第288話

朝丘雪路事務所の河村辨三郎専務が、御園座の里見浩太朗公演を観劇に見えた。

「朝丘事務所の名古屋営業所・所長の名前を勝手に名乗っている私と、会わない訳にはいけないでしょう」とお昼を食べに御園座近くのレストランに入りました。

河村さん(通称・辨ちゃん)は、劇界でも一・二を争そう「芝居通」のマネージャーです。

長年にわたって朝丘雪路さんの舞台作品の質には、こだわった仕事をされて来た。

私とは三十年以上の長ーい、長ーい付き合いです。

いつ頃からか判りませんが、辨ちゃんから朝丘さんの舞台出演に関して意見を求められるようになっていました。

嬉しいですねぇー

「大好きな雪路さんの舞台に役立つならば・・・」と忌憚の無い意見を言わさして頂いている。

今日も、今年の年末から来春にかけての企画をお聞きしました。

ここには書けませんが、意欲作・話題作への挑戦が並んでいます。

有意義な朝丘事務所・名古屋会議を終えて、里見浩太朗座長の楽屋を訪問。

写真のように真っ白な頭になった私たち二人。迎えてくれた里見座長は髪も黒々と実に若々しい。

座長の年齢は、相当・・・上です。

私は黒く染めれば少しは若返られるが・・・・辨ちゃんは・・・・

失礼しました。