第536話
 
御園座が閉館中のため「御園座 芝居の話」のブログ更新も遠ざかっていたが、久々に御園座の話題が新聞に載っていました。
 
「御園座の舞台を飾っていた5本の緞帳が、再利用される場が見つからず破棄処理になってしまう・・・・」との内容でしたが、昨年3月末に閉館してから既に一年以上、いやいや劇場閉鎖の決定はそれより数年前に予定されていたでしょうに、今更再利用が話題になるとは考えてもいませんでした。
 
今回話題になっている緞帳は、平成2年7月に新調されてから既に23年間も経っている。昭和38年秋に再建した御園座の新調緞帳5本は、使用年数27年間でした。それと比べれば、今の緞帳はまだ使えると考えられたのか? 壁面装飾として利用が可能と考えたのか? いずれにしても巨大な重量物の上に二十数年間の埃汚れをどう処理するか? やはり破棄処理になってしまうでしようね。
 
寂しい話題です。せめて写真だけでも華やかにと思い・・・・季節遅れですが満開の桜です。

イメージ 1
三重県いなべ市大安町・両ヶ池 食事処「とんぼり」前の桜を御覧下さい。